■O2O戦略について

大阪のある町で古くからあるテーラーを経営する店主の長男のシンスケです!
さて、松田さん(仮)から教わった、O2O戦略についてです。
まず、O2Oとは、「オンライン・トゥ・オフライン」の略だそうです。
オンラインとは、もちろんネットのこと。
オフラインとは、リアルなお店とか事務所のことですね。
つまり、「ネットからリアルなお店・事務所へ」ということが、O2O戦略の意味だそうです。
それでは、具体的には、どういうことをするのか・・・
ネットでは、検索エンジンや広告、ソーシャルメディアやブログなど、様々な手段を使って、人を集めます。
そして、集客した方々に対して、様々な情報を提供し、こちらのファンになってもらいます。
そして、ファンになってもらった結果、実際のお店に足を運んでもらう・・・という戦略なのです。

■大阪のテーラーとネットの連携戦略とは!(その2)

大阪のある町で古くからあるオーダーシャツのテーラーを経営する店主の長男のシンスケです!
前回は、私の覚悟を示すため、松田さんに頭を下げ、教えを乞うところまでお話ししました。
私の話を聞いていた松田さんは、それまで怖いぐらい真剣な表情だったのが、ニコっと笑って
「シンスケさん、あなたの覚悟は分かりました」
と言ってくださいました。
私は、正直、ほっとしました。
そして、松田さんは続けました。
「私も、このオーダーシャツのテーラーが大好きです。親父さんの人柄も好きだし、なんと言っても、親父さんの制作したオーダーシャツは、最高です。これをどんどん広めていきたい。
そして、そのために行うのがO2O戦略です!」
オー・ツー・オー と松田さんは言いました。それは一体、どういう戦略なのでしょうか??

■大阪のテーラーとネットの連携戦略とは!

大阪のある町で古くからあるオーダーシャツのテーラーを経営する店主の長男のシンスケです!
前回の続きなんですが、WEBコンサルの松田さん(仮)に、私が「経営陣の一人としての覚悟」があるのかどうか、問うような発言をされた訳です。
ガーンを頭を打たれたような・・・でも、
確かに・・・それは、そうですよね! と言う訳で、俺、命をかけるつもりでやります!
親父のしょぼくれたテーラーを、大阪一のお店へと復活させ、
私のリニューアルするネットショップを、日本一のオーダーシャツのネットショップにする・・・
これが私の掲げた目標です。
そこで、私は松田さん(仮)に頭を下げました!
「親父のオーダーシャツのテーラーを大阪一にし、オーダーシャツのネットショップを世界一にするために、まずはWEBマーケティングを教えてください」と。

■売れるネットショップを作るぞ!(その3)

みなさん、こんにちは!
大阪のある町で古くからあるオーダーシャツのテーラーを経営する店主の長男のシンスケです!
今回は、いよいよWEBコンサルの松田さん(仮)と、ネットショップをリニューアルする話、開始です。
・・・と威勢よく言ってみたものの、私は全くの素人なんで、松田さん任せ・・・と思っていたら、
キックオフ打ち合わせの日に、松田さんに
「シンスケさん、シンスケさんが本気にならないと、シンスケさんにしか、この仕事はできないんです。親父さんのオーダーシャツのテーラーを復活させられるのは、シンスケさんだけなんですよ。
私は、そのお手伝いしかできないんです!」
と言われてしまいました。
その時の松田さんの表情、私の心を見透かしたかのよう・・・・さすがでした。
もう脱帽です!

■売れるネットショップを作るぞ!(その3)

みなさん、こんにちは!
大阪のある町で古くからあるオーダーシャツのテーラーを経営する店主の長男のシンスケです!
さて、その松田さん(仮)に対して、
親父が、ボソッと愚痴をこぼしたらしいんですよ。
なんと
「経営が厳しいから、店を畳もうかなぁ・・・」ということだったらしいです。
いやーびっくりしました。2重の意味で。
1つは、家庭では全く弱い部分を見せない親父が、お客さんである松田さんに、そんなことを言っていた、ということ。
2つめは、そこまでうちの経営が悪化しているということを、はじめて知ったこと。
ほんと、いろいろな意味でショックでした。
そのころ、私は大阪の某企業でお気楽なサラリーマンをしていたのですが、それを聞いて、親父の後をつぎ、店を立て直すことを決意しました。
もちろん、仕立てをじょうぅに作れませんが、親父が現役のうちは、まずは営業。
そして、第1にこのテーラーのネットショップリニューアルに取り組むことにしたわけです。

■売れるオーダースーツのネットショップを作るぞ!(その2)

みなさん、こんにちは!
大阪の某町で古くからのオーダーシャツのテーラーを経営する店主の長男のシンスケです!
WEBコンサルタントの松田さん(仮)の話、さらに続きです!
前回は、松田さん(仮)が、「大阪どころか、日本一のオーダーシャツのテーラー」とべた褒めしてくれた、うちのおやじの店。
正直、私はあまりオーダーシャツの良さが分からないので、「そ、そうですか(汗)」という感じですが、
それでも、
「松田さん(仮)のように、一流の仕事をする人には、一流が分かる」
ということでしょうか? ありがたいです。
そう言えば、つい先日も、大阪商工会議所が発行する「大阪のプロフェッショナル」の連載に、松田さん(仮)が出ていたんですが、
その時も、うちのオーダーシャツを着ている写真が掲載されていました。
ほんとありがたいことです。

■売れるオーダーシャツのネットショップを作るぞ!

みなさん、こんにちは!
古くから大阪でオーダーシャツのテーラーを経営する店主の長男のシンスケです!
前回、WEBコンサルタントの松田さん(仮)の話をしました。
実は、松田さん、大阪では知る人ぞしる「WEB構築のエキスパート」なんです。
なんで、そんな多忙な方が、うちのようなちっちゃなオーダースーツのネットショップ構築にお力を貸してくれるかというと・・・
実は、松田さん、昔から、親父がやっているオーダーシャツのテーラーの常連客なんですね!
年齢は40代の松田さんですが、もう20年もうちのオーダーシャツをずっと愛用してくださっています。
そして、松田さん曰く「シンスケさんの親父さんのオーダーシャツは、大阪どころか日本で1,2を争いますよ!」って言ってくれるんですよね!
本当にありがたいことです。